【効果・種類・副作用・使い方】セラミドとは

【効果・種類・副作用・使い方】セラミドとは

【効果・種類・副作用・使い方】セラミドとは記事一覧

【アトピー・超乾燥肌・吹き出物】セラミドの潤い効果

セラミドとは、体にある成分で主に保湿、肌に潤いを与える効果があります。常に外気に触れる肌を守る働きをし、健康的で潤っているキメも細かい肌の奥、角質層にはセラミドが多く含まれています。逆にこのセラミドが不足すると、肌荒れや乾燥肌の原因にもなります。アトピー性皮膚炎の改善セラミドは乾燥を防ぐ効果に優れて...

≫続きを読む

【安全性】アレルギーに注意!セラミドの副作用

セラミドは元々、人間の体に多く存在する物質なので副作用はほとんどありません。私達がいつも食べている大豆や米、小麦などにもセラミドが含まれていますが、小麦に関してはアレルギーがあるのでアレルギー体質の方は事前に調べておくことが必要です。安心な植物由来のセラミド過去には、牛由来のミルクセラミドと言う動物...

≫続きを読む

【化粧品】肌トラブルの改善に効果的なセラミドの使い方

セラミドは肌に浸透させることが大事なので、化粧品の決められた用量をしっかり肌に付けるようにします。もったいないからと言って使用量を少なくしてしまうと、十分な効果が得られません。たっぷり使う顔全体にたっぷりとつけましょう。この時に、手の温度で少し温めてます。揉み込むように使う気になる部分だけではなく、...

≫続きを読む

【即効性】どちらがおすすめ?セラミド化粧品とサプリ

セラミドはもともと体内でつくられている成分ですが、サプリメントなどのセラミドもつくられています。以前は牛の脳などからつくられていたこともありましたがBSE問題もあり、現在では小麦や米、大豆などの植物を原料としていることが多いようです。特に豊富なセラミドを含むことが明らかになった「コンニャクイモ」は飲...

≫続きを読む

【1・2・3・6・類似】セラミドの種類と効果・働き

セラミドは加齢やストレス、外部からの刺激により減少していきます。セラミド1・3・6の減少は、皮膚乾燥(ドライスキン)、角化症、魚鱗鮮、アトピー性皮膚炎などの原因となります。皮膚が過敏になってしまい、中でもセラミド3は乾皮症に大きく関わっています。セラミド1外部からの乾燥やバイ菌、気温、紫外線からお肌...

≫続きを読む

【表記・表示】天然セラミド配合化粧品の選び方

天然セラミドとは、馬や豚の脳や脊髄などから抽出した美容成分で、人間の肌に存在するものとは多少の違いがあるものの、同じ哺乳類ということで浸透力や親和性の高い存在として知られています。唯一の難点は非常に高額というポイントで、一般的な化粧品では他のセラミドや美容成分と混ぜられて販売されるケースが多い種類で...

≫続きを読む

【メリット・デメリット】天然セラミドと合成セラミドの違い

石油原料からセラミドと類似の構造成分を化学合成によって抽出したものが、合成セラミドと呼ばれています。別名・疑似セラミドと表記されることもあり、ドラッグストアなどで販売されているリーズナブルな価格のセラミド化粧品の多くは、合成セラミドが使われていると考えられています。天然セラミドと合成セラミドを比較天...

≫続きを読む

【化学合成】擬似セラミドの効果

セラミドと同じ作用が期待できる成分を、合成擬似セラミドと呼びます。現在セラミドにはさまざまな種類がありますが、この成分の難点である浸透力や親和性を高めるためには、人の肌に本来存在しているセラミド2と類似のものを作る必要がありました。しかし以前はこのセラミド2を人工的に作ることが非常に難しく、その代わ...

≫続きを読む

【天然型・合成・ヒト型】活性型セラミドの効果

活性型セラミドは、人の体内に存在するものとほとんど変わらない成分で、別名「天然型セラミド」「合成セラミド」「ヒト型セラミド」と呼ばれています。この合成方法は、ノーベル賞を受賞するほどの大きな発見で、浸透しにくい難点のあるセラミドの親和性を高めるということで、化粧品業界に大きく貢献しています。活性型セ...

≫続きを読む