【メリット・デメリット】天然セラミドと合成セラミドの違い

【メリット・デメリット】天然セラミドと合成セラミドの違い

【メリット・デメリット】天然セラミドと合成セラミドの違い

石油原料からセラミドと類似の構造成分を化学合成によって抽出したものが、合成セラミドと呼ばれています。

 

別名・疑似セラミドと表記されることもあり、ドラッグストアなどで販売されているリーズナブルな価格のセラミド化粧品の多くは、合成セラミドが使われていると考えられています。

 

 

 

天然セラミドと合成セラミドを比較

天然セラミドは採取できる量が限られますが、合成セラミドは大量生産が可能であるため、安いコストでたくさんの化粧品を生産したい、と考えるメーカー側でも取り入れやすい成分と言えます。

 

敏感肌化粧品にも配合されている合成セラミドですが、天然セラミドやヒト型セラミドのように人の肌構造に近いものと比べると、その浸透力や親和性は劣るもの。

 

 

ずっと使っているのに全然保湿されない!

 

 

という違和感を覚えた際には、セラミドが肌に馴染んでいない証と考えられますので、天然由来のセラミド化粧品にシフトした方が良いと思います。

 

 

 

合成セラミドの見分け方

合成セラミドの成分表示は、ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドと書かれていることが一般的となっています。

 

セラミドというキーワードが入っていないため素人には判断が難しいとされていますが、自分の肌に合った成分を見つけるためにも、ぜひ確認をしてみてください。

 

ある程度健康な肌であれば、合成セラミドでも十分に保湿ができるという声もあります。

 

肌トラブルが少なく、リーズナブルな価格でスキンケアを行いたいと考える人には、おすすめの成分だと思います。

 

 

 

以上、【メリット・デメリット】天然セラミドと合成セラミドの違いについてご紹介しました。

 

他にも「【化学合成】擬似セラミドの効果」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【高保湿・低刺激】赤ちゃんにも使える安全なセラミド化粧品


【メリット・デメリット】天然セラミドと合成セラミドの違い関連ページ

効果
セラミドの潤い効果について掲載しています。
副作用
セラミドの副作用について掲載しています。
効果的な使い方
肌トラブルの改善に効果的なセラミド化粧品の使い方について掲載しています。
化粧品・サプリ
セラミド化粧品とサプリの即効性について掲載しています。
種類
セラミド1・2・3・6・類似の効果・働きについて掲載しています。
天然セラミド
天然セラミド配合化粧品の選び方について掲載しています。
擬似セラミド
擬似セラミドの効果について掲載しています。
活性型セラミド
活性型セラミドの効果について掲載しています。