【化学合成】擬似セラミドの効果

【化学合成】擬似セラミドの効果

【化学合成】擬似セラミドの効果

セラミドと同じ作用が期待できる成分を、合成擬似セラミドと呼びます。

 

現在セラミドにはさまざまな種類がありますが、この成分の難点である浸透力や親和性を高めるためには、人の肌に本来存在しているセラミド2と類似のものを作る必要がありました。

 

しかし以前はこのセラミド2を人工的に作ることが非常に難しく、その代わりに開発されたのがセラミドに似せた成分の合成擬似セラミドなのです。

 

 

 

合成擬似セラミドはセラミドの代用成分

合成擬似セラミドはセラミドではないため、人体に存在する成分とは構造が異なる難点があります。

 

とはいえ、開発のお手本となっているセラミド2との類似点が非常に多いため、セラミドの代わりに化粧品に配合されることが多くなりました。

 

一般的にセラミドは高価という難点がありますが、合成擬似セラミドは工場で大量生産が可能となっています。

 

比較的安い化粧品に配合されている場合でも、高い効果が実感できるというメリットがあります。

 

 

 

合成擬似セラミドの見分け方

合成擬似セラミドが最も流行っていた時期は合成セラミドが開発される前の時期です。

 

現在は合成擬似セラミドの流通も少なく、配合化粧品の数も減少傾向となっています。

 

セラミドではない合成擬似セラミドは、成分表記に「セラミド」を記載ができないため、化学成分に疎い素人が判断するのは難しい難点があります。

 

種類もたくさんあるということで、なかなか確認が難しいとされていますが、ドラッグストアや化粧品コーナーの店員さんに質問すれば、納得できる回答が返ってくるかもしれません。

 

 

 

以上、【化学合成】擬似セラミドの効果についてご紹介しました。

 

他にも「【天然型・合成・ヒト型】活性型セラミドの効果」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【高保湿・低刺激】赤ちゃんにも使える安全なセラミド化粧品


【化学合成】擬似セラミドの効果関連ページ

効果
セラミドの潤い効果について掲載しています。
副作用
セラミドの副作用について掲載しています。
効果的な使い方
肌トラブルの改善に効果的なセラミド化粧品の使い方について掲載しています。
化粧品・サプリ
セラミド化粧品とサプリの即効性について掲載しています。
種類
セラミド1・2・3・6・類似の効果・働きについて掲載しています。
天然セラミド
天然セラミド配合化粧品の選び方について掲載しています。
合成セラミド
天然セラミドと合成セラミドの違いについて掲載しています。
活性型セラミド
活性型セラミドの効果について掲載しています。